2015/05/27

価値創造で存在価値を高める 2015/05/27

まもなく5月も終わり、下半期の6月に入ります。
後半に向けて1つ1つしっかりと実践の積み上げをしていきましょう。

一生懸命真剣に作業していた姿から伝わったのではないかと思います。価値感は人それぞれ、特にITのような目に見えない「サービス」の場合、納得、満足して頂くのは難しいこと。感動レベルまで行ってようやく、見合う納得感や満足感が得られるのです。満足から感動へ、そのためには、お客様の立場に立ち、お客様のことを思って行動することですね。高い高いと言ってくださるお客様はありがたいです。まだまだ価値感のギャップがあるよと教えてくださっているからです。何も仰らないお客様の方がキケンなのかもしれません。アンケートや問いかけ、声かけで、知る必要がありそうです。

システム使う社員さんたちの「要望をまとめる仕事」も期待されているということですね。経営者は社員さんたちが「楽になった」「便利になった」「無いと困る」という声が聞きたいのだと思います。皆で稼いだ会社の大切なお金を投資したのだから当然と言えるでしょう。この経営者の思いは我々と共通しています。「楽になった」「便利になった」「無いと困る」という声が聞きたい同志です。経営者と協力体制で、社員からその声を引き出す意識で取り組むと良いのではないでしょうか。

先ずは半年もお待ち頂けたことに感謝ですね。その間が単に待つ時間ではなく、考える時間となって、お客様にメリットがあったということも良かったです。飲食店でメニューを先に渡したり、待ち時間に行うサービスのようなことが我々にもできるということになります。今後他の案件でも、ただ待って頂くのでなく、考えて頂く時間にする仕組みや工夫ができると良いでしょう。そのためには、何をしておいたら良いか検討してみてください。お客様の時間をムダにしない待ち時間を活かす提案は、待ち行列が出るインプラスの、新たな価値の1つになりそうです。

お客様と我々の存在価値を高めるためには、「価値創造」も会社の使命の1つです。

2015/05/18

私たちの価値を増やす 2015/5/18

おつかれさまです。
5月も下旬になりました。どんどん暑くなってきますので、体調に気をつけてください(特に出張時です)。水分補給とクーラーによる温度差に気をつけましょう。

すべての人が同じ持ち時間の中、生活し、仕事をしています。提案書、仕様書、見積書、プログラム、ドキュメントなど、仕事上で作らなければならないものは沢山あります。その中で使えるものを「再利用」することによって、同じ持ち時間であっても、私たちの「価値」をどんどん増やすことができます。もっと時間を使ってでも、1から作る物をできるだけ減らし、積極的、意識的に再利用することを考える必要があるように思います。

長い間仕事を入れられない(受注できない)体制は、お客様にも、我々にも、機会損失を起こし、メリットは1つもありません。もう少し、仕事を受けられるキャパシティを体制としてつくっておきたいです。人を増やすのが簡単な答えですが、そこには工夫や考えがありませんし、採用にはリスクも伴います。採用の動きもしていきますが、採用以外にもできることはないか(お客様に、すごい先になると思われない方法など…)も皆で考えましょう。

誰でも、仕事や頼み事をしたくて話をしたのに、即断られたなれば、心理的に傷ついてしまうものです。それは、内容や条件うんぬんではなく、ほぼ無条件です。すると、たとえどんな条件が付いても、それ以降、心理的に頼みたくないという力が働いてしまうこともあります。よって、伝える場合には、タイミングや言葉、即答を避けるなど、伝え方などの細かい気遣いを意識してみましょう。たとえば、即答でダメです、と、持ち帰って頑張って検討したけどだめでした!、は結果は同じですが印象は大違いなのです。

今回も良い例になりましたが、客先で購入したPCにセットアップする場合には、想定外のトラブルが発生する可能性が高まります。客先への説明も必要でしょうし、その分を見越したコストを見積しておく必要がありそうです。何か仕組みにしておきましょう。問題が発生したら活かして改善できれば、経験と合わせて倍の収穫になります。

いよいよわが社も人不足の状態になりましたが、一頃の仕事不足の時に比べたら、なんと有り難い悩みでしょうか。できる範囲にはなりますが、精一杯、今までと現在を支えて下さっているお客様の期待に応えていきたいですね。これからずっと、共に仕事をしていく仲間として、あせらず、良い縁、良い人と出会えるようにしたいと思っています。

2015/05/12

目的を意識 2015/5/12

連休明けで、すぐに立ち上げることができたでしょうか。それは、意識をどこに置くかによります。何のため、誰のため、といった目的を意識できれば、進むべき方向はすぐにはっきりとしてきます。停滞したり、迷ったりしたら、「目的」に意識をフォーカスしてみましょう。

工数の見積は、新しいケースや想定外の発生など常に正確に出せない場合もあります。大切なのは次に同じことを繰り返さないことです。後から考え、次に繋がるように、工夫や仕組みという「形」として残すことが大切ですね。

同じ目的のために複数の人が集まっているのが会社です。複数の人が集まることで「知恵」を集結させ難し問題も解決することができます。今のメンバー(3人+バイト)が居る状態を活用する意識が大切ですね。

連休後なので短い一ヶ月ですが、その分、濃くて質の良い時間にしたいものです。すべては実践、行動の結果です。今月も良い一ヶ月にしましょう。