2015/04/16

我が社は問題解決チーム 2015/4/16

4月も中盤です。社会に出てきた新人が、そろそろ現場に出つつあります。まだまだ未熟な彼ら彼女らですが、しっかりと学んでいる人はやはりひと味違います。技術やノウハウが未熟なのはあたりまえで、それによる失敗も当然起こります。社会人の先輩は皆、それを知っています。しかし、それ以前の大切なことを学んでいるかどうかで、評価が変わってきます。相手(お客様や仲間)のことを思う気持ち、そして、そのアウトプットの基礎であり第一歩である笑顔と挨拶です。新人を見たときには、我々こそ気持ちを改めなければ、と思い出しましょう。

インプラスは「お客様と一生のおつきあい」を目指しています。ITの10年後を想像するのは難しい面もありますが、お客様が求められているものは何年たとうが変わらない、普遍的な物です。お客様に、ずっと頼りにして頂けるように、よりお役に立て、より喜んで頂く、より満足して頂く、さらに感動を得てていただけるよう、皆で常に考え、行動して行きましょう。

他社の事例でも集中タイムは成果があるようです。1時間を1時間半にしてみる、在宅の日を作る(自宅や図書館などで集中できるならば…ですが)など工夫して、より効率アップできるよう、いろいろトライしてみましょう。もちろん、プログラミングやドキュメント作成などの時間をいかに短縮できるかは常に考え続けて下さい。

全員が協力してお客様の問題解決ができるチームワークは、我が社の職場の目指す姿です。複数の人が考えることで、より早く、より正確になります。その実績をデータベース化すれば、次回、複数の人が考えたノウハウによって1人であっても複数の人の知恵を活用できます。これも「組織」の力です。

社会は新年度スタートのエネルギーに満ちています。
我々もその波にのって、元気に楽しくお役立ちです。

2015/04/06

大事にしたくなるパートナー

お疲れ様です。4月に入りました。早くも第2四半期ですね。

訪問時は作業だけでなく、お客様と話をする重要な機会です。いまの問題点や課題、非効率な点などを話し合い、「お客様に喜ばれる提案」に結びつけられたのは素晴らしいと思います。そのような提案をしてくれるパートナーは大事にしたくなるものです。潜在的な要求を聞き出して形にする提案と、お客様が考えないようなことを投げかける提案、両方できると、必要とされる人、必要とされる会社になっていけるでしょう。

ブレストは、テーマがあると考えやすいです。「新製品」だけでは大枠過ぎ、汎用的な道具である「タブレット」でも難しいかもしれません。問題解決が得意な我々の戦術として、モノありき、ではなく、問題ありき、で考えると良いでしょう。たとえば、お客様アンケート(重要)や、いま実践している社内の改善案(問題出し)の中からヒントが得られるかもしれません。もっと困りごとや問題のネタ集めが必要なのかもしれません。

新言語や新環境は、1つの流れができあがるまでは地道な調査や試作作業が続きます。効率の良い開発を目指せばなおのことです。仕組みができたらそれに乗せてどんどん進めることができ、そのなかで改良、カイゼンを進められます。ASP.NETなども控えていますが、良い仕組み(流れ)をできるだけ早くつくりあげるにはどうしたらよいか、みなで考え、知恵を合わせて実現に向かっていきましょう。