2014/11/24

11月24日 「会社」が複数の人が集まってできている意味

いま、営業力アップのチャート作りを進めていますが、販売店の営業さんに、客先で思い出して頂いたり、それより前に思い出してインプラスの商品・サービスを持って提案に行って頂けるということも重要なポイントですね。「信頼→紹介」というのは最高の評価だと思います。信頼のためにできることは、いままでの良くする会でたくさん出てきましたね。

「バグ0納品」素晴らしいです。信頼の大きな要素の1つは、私たちインプラスが一丸となって目指している「高品質」戦略です。高品質なソフトウェアとサービスが、満足、感動、信頼、利益を得られます。しっかり振り返りをして、社内で共有し、次に繋いで行くぐことで、成果を出し続けることができます。

「人に役立って、幸せになる」という目的に向かって、複数の頭で考え、知恵を出し合い、力をあわせる。「会社」が複数の人が集まってできている意味です。学んでいる会社は社員全員で考え行動する力に気づき、総合力を発揮しようとあらゆることに挑戦しています。勝ち負けではありませんので先進的な他の会社からは学ばせて頂くのみですが、お客様に選ばれ続けるためには必要なことですね。どうしたら総合力を発揮できるか考えて行きましょう。

今週も良い一週間になります。

2014/11/17

11月17日 仕事の「仕」は、「仕える」という言葉

納品時に次の話が出るということは、その納品やサービスに満足を感じて頂けたということ。

次の話ができるほどの余裕が生まれている、安心感があるということでもあります。

高品質、丁寧な納品作業など、インプラス品質を向上させ、お客様に満足して頂くためのネタはいろいろありそうです。

社内で共有し、1つ1つ実践項目を増やしていきましょう。

仕事の「仕」は、「仕える」という言葉です。お客様に仕える、仲間に仕える、お役立ちのことですね。次に繋げられるというのは、次もお役立ちできるということです。
ほんとうにありがたいことです。

井上竜一郎

2014/11/16

真のリーダーシップ 2014年11月16日西水美恵子さん講演会

2014年11月16日

西水美恵子さんの講演に参加できた。

聞くたびに心が震え、熱くなる。

本当にありがとうございます。

経営者であれば、会社存続と会社に関わる人達の永遠の幸せという大義を本気で捉えることに尽きる。

それに対する危機感を心から本気で想うこと。

頭ではなく心で。

そして、頭とハートと行動を繋ぐこと。

それこそが真のリーダーシップだ。

社員の幸せが組織の底力となり、組織自ら動き輝き始める。

会社でも家族でも地域でも国でも、どんな組織であろうと変わりようのない原理原則がここにある。

だから、幸福を企業の最高目的とするのはあたりまえ。

これこそが戦いを略する「本物の戦略」だ。

自分を含む全社員の「毎日出勤が待ちきれないほど楽しい職場と、帰宅が待ちきれないほどの幸せな家庭」を追求し続けます。


いつか「当たり前のことをしただけ」と笑って話せる日を夢見て。

井上竜一郎

2014/11/10

11月10日 良いスパイラル

訪問をきっかけとした受注や新規など、良い流れになっています。

この流れを滞らせないことが大切です。

お客様や我々にとって何が大切で、何を優先するのかを常に考え、良いスパイラルを描き続けられるよう仲間と知恵を出し合って行きましょう。

利益意識も忘れずにね。

今週も良い一週間になります。

2014/11/03

11月3日 エンジニアとお客様の距離と時間が短いこと

3名ともお客様への訪問で喜んで頂くことができてとても良かったと思います。

エンジニアが直接即対応することで、お客様は早い問題解決などのより良いサービスが受けられ、私たちは、素早く高品質のサービスを提供でき、かつ、お客様から直接喜びの声を受け取ることができます。

インプラスの特徴、強みの1つに位置づけている「エンジニアとお客様の距離と時間が短いこと」は、良いスパイラルを描いていると実感できました。

中でも早いレスポンスが特に喜んで頂けることも良くわかります。

インプラスにご好評を頂けるのはそういった行動をしてくれているみんなのお陰です。
いつもありがとう。

井上竜一郎